2016.02.07_力を受けなさい
(使徒の働き1:6~11)

聖楽教会 主日礼拝 説教要旨
説教 : 元老監督 金箕東(キムキドン)牧師

神は
生きておられる
その方が
語られた通りにすべてがなされたので、(ヘブル11:3)
神は唯一のまことの神でおられる(ヨハネ17:3)
神が私たちと契約を結ばれたのは
永遠のいのちを与えるためであり、(ヨハネ3:16)
自分の御心通りに従う者に
報いを与えるためであった(使5:32)
主イエスが願われるのは
「あなたがたは力を受けなさい」ということである(使1:8)
力を与えるために
聖霊を私たちの心に与えてくださったし、
このために「罪の赦しを受けなさい」といわれた(使2:38)
そのようにしてこそ、この地で
イエスの証人となることができるといわれた
これらすべてをなすために
十字架で血を流されたが、
これが真理である(ヨハネ14:6)
神を愛する者であるのならば、
イエスの証人となって隣人を愛さなければならない
◎神の御言葉を信じなさい
イエスは御言葉であり、真理である
聖書はその方の御言葉である
◎イエス・キリストは昨日も今日も
永遠に変わることがない
すべての御言葉は有効である
◎必ず力を受けなければならない
これは十字架で死んだのちに生き返った、
イエスが切に頼まれたことである
※私たちそれぞれに預けられた働きとして、
イエスの証人とならなければならない
この世ですべきことはこれだけである