2016.04.03_牧師コーナー

【牧師コーナー(松竹岩(ソンチュグァム))】2016. 4. 3.(主日) 聖楽教会 週報より
聖楽教会 元老監督 金箕東(キムキドン)牧師

私は常に「私は生きていたい。」と誓う。歳月は生きている者とともに流れていく。また、木が育つように、小さな芽が出て来て育つように、続けて変化とともに進歩がなければならない。水車のように続けて同じところを回るではなく、成長しなければならない。私は水車ではない。私は日々、創意があふれる創造的な生涯を送りたい。
「ただ一日も休まないで成長しなければならない。牧会であれ、説教であれ、創造的な進歩がなければならない。」と考え、何であっても、過去にしたことをそのまま維持しながら怠けるのではなく、成長する生活をすることによってすべてのことに創造的な合理性を追求する。そのようにしてこそ、発展し、さらに大きな働きをすることもできる。
種を蒔いたのであれば、芽が出て来なければならないし、芽が出て来たのであれば、枝や葉が出て来なければならない。その結果、花が満開となり、実を結ぶようになる。そのように「生きている」というのは日々、新しく育つということを意味する。私は以前、頼るところがなかったためにその場にとどまっていたが、イエス・キリストを迎え入れたのちには熱心に主に頼りながら、毎日、成長するためにすべてのことに創造的な生涯を送ってきた。その結果、私のように無価値であった者が今日、偉大な証人となった。
私がもしこの世を離れたとしても、私が蒔いた種は続けて芽を出し、育ち、花や実を結ぶと確信する。これが私の霊魂の喜びである。私は肉体の限界を感じているが、すべきことは多い。若者のように働きたいし、すべての人よりも熱心に働きたい。私の霊魂が一流となる信仰生活を期待する。
私は過去の境遇を恥ずかしく考えない。それは私の出発であった。無から今日の私となるまで主に頼って成長してきた。主イエスがただ一日も私の手を放さなかったし、私も主の手を放さなかった。それゆえ、肉体は疲れ、誰もうらやましがるほどの境遇ではなかったとしても、天の天使が私を見てともにしてくれたために、天使が私の証人である。
10年前よりも成長しなければならないし、3年前よりも成長しなければならないし、1年前よりも成長しなければならない。 肉体と戦ったとしても昨日よりも成長するためには霊が勝利しなければならない。肉体は私の霊の成長を妨害するが、私は再び肉体に勝利して、霊魂を成長させようとする。
「どのようにすれば、信仰生活をよくすることができるであろうか? どのようにすれば、文章をよく書くことができるであろうか?」と常に悩むのではなく、私には創意性が満ちあふれる。愛する聖徒たちよ、水車のような信者とならないで、毎日、成長する、創造的で偉大な聖徒となろう。アーメン

 

翻訳: 聖楽教会 聖楽宣教センター 日本語翻訳室