2016.04.24_神の幸せによって幸せになろう
(マタイの福音書5:1~12)

聖楽教会 主日礼拝 説教要旨
説教 : 監督 金聖顯(キムソンヒョン)牧師

神は
祝福を造られた方であり、その祝福を命じられる方である(民23:20)
その方が命じられた祝福はふたつである
ひとつは物質世界での生活のためのものであり、
もうひとつは霊的なもの、すなわち永遠な祝福である(詩133:3)
すべての人間は物質世界での生活のための祝福を受けた(創1:28)
しかし、霊的な祝福は
神の祝福によって幸せな者だけがもつ祝福である
神の幸せによって幸せになるのは
この世が与える幸せとは次元が異なる、
極めて大きな祝福である
キリストのために働くというのは
エジプトの宝にまさる大きな富のようなものである(ヘブル11:25)
神の幸せとは
その方の教会のために自分をささげる霊魂だけが
享受することができる特権である
神は神の幸せがあるところにとどまり、(創2:3)
愛と謙遜と忍耐をもってその方の教会に
仕える者と
ともに、神の幸せによってとどまられる
◎私たちは悔い改めと変えられた姿を通して
神の幸せによってだけ幸せになろうと
決断しなければならない
◎神の幸せは
主の教会を愛する熱心さを現す
心霊の中にとどまるという事実を覚えなければならない
◎新しい戒めは
神の幸せによって私たちを保存するために
与えられた最も大きな命令である
※私たちは
主の体である教会に向けられた愛を実践することによって
私たちのために命じられた神の幸せを
拒まないようにしよう