2016.05.08_信仰を完全なものとされる聖霊
(使徒の働き19:1~7)

聖楽教会 主日礼拝 説教要旨
説教 : 監督 金聖顯(キムソンヒョン)牧師

神は
働かれる神であり、
自分の御心を成就される方である(エレミヤ33:2)
その方は
大きな働きをひとりでしないで、
御子によってなさるし、(ヘブル1:2)
御子によらずにはひとつもなさらない(ヨハネ1:3)
神が
この世に御子が必要であるということを知っておられたように、
主イエスは
私たちに聖霊が来なければならないということを知っておられた
神は御子に行わなければならないことを命じられたし、(ヨハネ10:17~18)
イエスは神の御心を行われた(ヨハネ6:38~40)
イエスは聖霊によって
神の御心通りに
聖徒を助けられる(ローマ8:27)
神の御心通りになされたイエスの働きは
聖霊によって聖徒の心に証しされ、(Ⅱペテロ1:19~21)
ついに、
聖徒の行いを通して
福音の実を結ばせる
◎聖徒は
聖霊の感動に積極的に順応し、
尊い血の力の偉大さを証ししなければならない
◎聖徒は
聖霊が主イエスの導きによって預けられた
福音伝道の使命を担う、主の体である
◎新しい戒めとは
聖徒を導かれる
主の働きに絶対に必要な環境である
※私たちに
聖霊の感動がなければ、信仰もない
聖霊の感動を受けて信仰を完全なものとしよう