2016.05.15_主が指で書かれた文章
(ヨハネの福音書8:1~11)

聖楽教会 主日礼拝 説教要旨
説教 : 監督 金聖顯(キムソンヒョン)牧師

神は
永遠の御言葉でおられる
その方は滅ぶべき人類を御言葉によって生かされた(ヨハネ5:24)
神の御子がこの世に臨まれたのは
その方の御言葉を通して、
すなわち、福音によって律法を完成するためであった(マタイ5:17~19)
律法は
神が天使を通して伝えられた御言葉であり、(ガラテヤ3:19)
福音は
主が直接、伝えられた御言葉である(ヘブル2:3~4)
この世は天使の言葉によって罪に定められたが、
主の御言葉によって救いを受ける
義人がひとりもいないこの世で
主は罪人のために文章を書かれた
自分には罪がないと信じる者は
この文章を読んで罪に定められなければならないし、
罪人はこの文章を読んで救いを得なければならない
この文章は永遠に見ることができない文章であるが、
罪人だけが読むことができる、救いの文章である
主は今も身をかがめて私たちのために仲介しておられる
◎主が指で書かれた文章を
私たちの心に満たして、
ともに悔い改めよう
◎主の体である教会を
愛そう
◎福音を伝えるという
私たちの使命を全うしよう
※この世のすべての文章は消されたとしても
主が指で書かれた文章は
永遠に侵害を受けない
主が書かれた文章には
私たちのための永遠な救いがある