2016.08.14_肉体として来られたキリスト
(ヨハネの手紙第一4:1~12)

聖楽教会 主日礼拝 説教要旨
説教 : 監督 金聖顯(キムソンヒョン)牧師

神は
霊でおられるが、
御子を通して人間に会われた
神の御子は私たちを生かすために
肉体としてこの地に来て血を流された(ヘブル10:19~20)
その方は父の愛でおられるが、
父のふところから私たちに向かって、
真理として走って来られた
私たちの信仰は天と地のどのような権勢よりも
強力な威力を保障されており、(Ⅰヨハネ5:4~5)
この世のどのようなものよりも貴重な価値をもつ
その理由は
キリストが神の愛を私たちに与えるために
肉体をもって来られたという驚異的な事実にある
私たちは互いに愛し合う信仰生活をすることによって、(Ⅰヨハネ4:11~12)
神の愛を受けたという事実を認めなければならない
そのようにして
神の愛を完全にすることができる
このような行為は恵みを受けた者がもたなければならない
最も優先的な信仰のしるしであり、
キリストの戒めに対する従順である(Ⅰヨハネ3:23)
◎教会を愛することによって
主が与えられた恵みを
必ず認めよう
◎主が肉体として来られたことによって
私たちに許された賜物をもって、生きている
教会を作ろう
◎神の愛を
愛によって伝える教会となり、
偉大な伝道の実を結ぼう
※主の恵みを悟るたびに自分を低め、
豊かな感謝の心をもって
聖徒に仕えよう