2021. 09. 12. 力を互いに尊重しなさい(マルコの福音書9:38~50)

力を互いに尊重しなさい(マルコの福音書9:38~50)

神は
全能者でおられる
その方が
固有にもつ力をこの世に与えるために
御言葉を遣わされたが、その御言葉は力である(ルカ1:37)
神は御子にすべての力を与えられた(マタイ28:18~20)
御子は信じる者に力を与え、(マタイ10:1)
ともに働き、御言葉に伴うしるしをもって
御言葉を確かなものとされる(マルコ16:17~20)
神の力を受けようとするのは自分のためではなく、
他の人のためである(詩147:10~15)
力がなければ、実のないいちじくの木である(マルコ11:13)
主も他の人も用いることができない
神の力は伝えられるものである(ヨハネ1:46)
小さな種が育って100倍の実を結ぶように、
自分を通してすべての人が力ある者とならなければならない(Ⅰコリント4:20)
力を行うことを妨害するというのはつまずきを与えるということである
むしろ大きな石臼を首につけられて海に投げ込まれたほうがましである(マルコ9:42)
そうすれば、火の中でも自分の霊魂を救うことになる
福音は入って来たのちにすぐに分け与えるものである(マルコ16:15)
聖霊の力は受けたのちにすぐにこの世の果てにまで伝えるものである(使1:8)
○ 兄弟をねたむのは悪魔的である
手によっても、足によっても、目によっても罪を犯してはいけない
イエス・キリストの人はすべてひとつの体である
○ 教会は
イエス・キリストの体の器官である
力を受けるように互いに助け合わなければならない
○ 自分の役割に忠実でなければならない
他の人をねたんではいけない
他の人を妨害する者は地獄に行く
※ 互いに力を愛して
信仰を促しながら、

しっかりと望みに立とう

2021. 09. 05. 人の先に立ちたいと思うのならば (マルコの福音書9:33~37)

人の先に立ちたいと思うのならば
(マルコの福音書9:33~37)

神は
ただひとりの父でおられる
その方が
この世に御言葉を遣わされたのは(マルコ4:14)
御言葉によって御心といのちを伝えるためであった(ルカ11:28)
御心といのちを伝えるためには母性をもたなければならない
母性をもつ者は
最も偉大な者であるし、最も低い者である(創3:15~16)
幼子に仕える最も低い者であるし、(マルコ7:27~28)
すべての子孫を抱く大人である(ヨハネ19:26)
母性をもたなければ、絶対に指導者となることができない
根をもたない木のように、少しずつ枯れていく
私たちの信仰はまことの母性である
私たちが父の中にいるときに、
神も私たちの中にとどまられる(ヨハネ14:20)
母性は永遠に変わらない、いのちである(黙12:17)
神の御言葉は母性である
主イエスの愛も母性である
聖霊の賜物も母性である
無理やりに謙遜になることはできない
母性だけがまことの謙遜である
○ 王であっても母性をもたなければ、暴君となる
無知であったとしても母性をもつのであれば、王のような待遇を受ける
神から与えられた愛はこのようなものである
○ 最も高い方、主イエスが自分を低められた
最も高い御座に着く方が最も低い十字架を負われた
母性の根を深くまで下ろしてこそ、大きな木となる
○ 高い冠を願うのであれば、しんがりとなりなさい
自分の命を大きく考えれば、最も低いよみに行く
自分の命を捨てれば、天の栄光を受ける
※ 母性ある信仰をもとう
母性をもって教会を守ろう
教会で最も低い者となろう これが永遠のいのちである