2022. 04. 24. イエスの名を信じなさい (ヨハネの福音書 1:1~13)

イエスの名を信じなさい
(ヨハネの福音書1章1~13節)

神は
永遠の前からおられる
その方の
御言葉も永遠の前から
神とともにあったために、
神でおられる(ヨハネ1:1)
万物は御言葉によって造られた(へブル11:3)
その御言葉はいのちである(ヨハネ6:63)
いのちはこの世の光である(ヨハネ8:12)
その光の名はイエスであり、
この世を死から救う名である(マタイ1:21)
それゆえ、
イエスの名を信じて心に迎え入れれば、(ヨハネ1:12)
神の子となる権勢が与えられる(ローマ8:16~17)
その人は血や人の欲によって生まれたのではなく、
神の御心によって生まれたのである(ヨハネ6:38~40)
神はその人に印を押し、保証として
心に聖霊を与えられる(Ⅱコリント1:21~22)
聖霊は助け主でおられるし、助け主はキリストの霊である(ヨハネ14:16)
キリストは主の職分であり、死と復活と裁きである(ヨハネ10:17~18)
聖霊はその功労に従って働かれる(ヨハネ15:26)
○ 神を信じる者はその御子も信じる
その方は御言葉として現れた
御言葉は神の御心である
○ 神の御言葉の名はイエスである
その名を迎え入れるというのは
神の御心を心に迎え入れるということである
○ 御言葉はいのちの光であり、
霊魂、関節、骨髄まで照らす
その光は栄光であり、癒しの光である
※ 私たちが信じるのはその名である
その名は神が天でなされた御心そのものである
信仰をもつというのは救いを受けるということである