Entries by Berea Japan

2020. 10. 18 血を流すことによって罪を赦される (へブル人への手紙9:22~28)

    血を流すことによって罪を赦される (へブル人への手紙9:22~28) 神は 義なる父でおられる その方が 定められた御心は必ずなされなければならない(マタイ6:10) そうでなければ、その方は不義なる者となってしまう 信じなかったり疑ったりするのは自由であるが、 罪がないということはできない 神の御心に逆らって義から離れたのが罪である それゆえ、 「私はただ主に罪を犯しました」と告白する(詩51:4) ただ神に罪を犯したために、 神の血によってだけ赦しを受けることができる(レビ17:11) 人間が道徳的に犯した罪は律法時代にも赦しを受けたが、 律法は肉体の規定である(へブル9:10) 信仰が来たのちには獣の血によっては赦しを受けることができない ただ神に罪を犯したのである 不信仰の罪がどんなに大きいであろうか? ただ神に罪を犯したために、 神の血によってしか罪の赦しを受けることができない 不信仰と疑いは 神の血を流させる罪悪である(ヨハネ6:53~57) 神は自分の血によって罪を贖われた(へブル9:12) 〇 自分の罪を差し出して 神の血を飲むのが悔い改めである 〇 神の血を飲むという体験がなければ、その悔い改めは偽りである 私たちが悔い改めたときに、 主も同じように苦痛を受けられた 〇 よみという宇宙で生まれたものは必ず死ぬ 人の霊は天(霊界)で生まれたために、 必ず裁きを受ける ※ 私たちが信じるのは裁きを受けないためである イエスが代わりに十字架で裁きを受けられたので、 私たちはその恵みを受けて、バプテスマを受ける

2020. 10. 11 私たちの信仰は実状 (ルカの福音書8:26~39)

  私たちの信仰は実状 (ルカの福音書8:26~39) 神は 生きている主でおられる その方が この世に福音を与え、 福音に従って働かれるキリストの名を与え、 その名によって何でも得るようにされた(ヨハネ14:13~14) 罪の赦しを受けさせる悔い改め、 生まれ変わりに至らせるバプテスマ、望みを与え、(使2:38) 聖霊を私たちの心に与えられたが、これは実状である(ヨハネ16:7~14) 聖霊が私たちの心に入って来られれば、力が現れるし、(使1:8) その力の前で悪霊が追い出される(マタイ12:28) この世の人々は悪霊の存在を否定しながらも、 悪霊を恐れている(マルコ6:13~16) 文明時代であっても悪霊を否定する科学はない(マルコ5:25~29) しかし、聖書はすべての病気、不幸、呪いの原因は 悪霊であると教えている(マタイ8:14~17) 悪霊はイエスの名の前で正体を隠すことができないで(マルコ16:17~20) 自分を現しながら離れて行くが、それによって病気の根源がなくなる 私たちは主の御言葉を信じることによって救いを受けた 主イエスだけが教えられた、悪霊を追い出す力は 現実として現れている(へブル13:8) 〇 悪霊は人の体から離れれば、苦しむ(マタイ12:43~45)      追い出されれば、獣の肉体であっても入って行こうとする(ルカ8:29~33)      悪霊は最後に底知れぬ所に入って行く 〇 悪霊が偽りを言ったのであれば、      主が悪霊を黙らせたであろう      しかし、主は悪霊の時がまだ残っていることを認められた 〇 悪霊は主の御言葉があるところで隠れることができない      悪霊は不信者の死後の存在であり、肉体をもたない人格である      御言葉が生きていれば、悪霊はそれを知って身震いする(ヤコブ2:19) ※ 悪霊は恐れる存在ではなく、     イエスの名によって呪わなければならない存在である     […]

2020. 10. 04 悪魔の考え (ヨハネの福音書13:1~11)

  悪魔の考え (ヨハネの福音書13:1~11) 神は 義でおられる その方が 天でなした御心を(マタイ6:10) この地でもなそうとして御言葉を遣わされた 神の御名は「イエス」である(へブル1:4、ピリピ2:10~11) イエスという名は「天の栄光や力によって よみから完全に救う」という意味である(マタイ1:21) その方は神の知恵、知識、全能さを その体にもたれたが、天はその方の本体である(ピリピ2:6~8) その方は天でなされたイエスの名の意味を(マタイ6:9) この地でもなそうとして宇宙(よみ)に来られた その御言葉、真理がインマヌエルであり、(マタイ1:23) 「ロゴス」という(黙19:13) 「ロゴス」とは人格、知恵、理性、いのちをすべて含む、 唯一で固有な神の属性をいう それゆえ、キリストは(ヨハネ20:31) 神の本体である天のまことのかたちでおられる(Ⅱコリント4:4) その御言葉にとどまる者は天に属する者である(ヨハネ8:31) その方は天に属する者を聖霊によって守られる それゆえ、聖霊を助け主という(ヨハネ14:16~17) 〇 御言葉が肉体となって来た方が私たちを愛されるが、      よみ(宇宙)の権勢をもつ者、悪魔はこれをねたみ、      真理ではない自分のものによって偽る 〇 悪魔は主イエスの愛を受ける者にも      惑わしを与え、偽りを吹き込む      真理がないために、その言葉はすべて偽りに過ぎない 〇 悪魔の考えが入って来れば、霊的には堕落する      理性、知性、感性においては     「コロナ19」のように自分でも知らないうちに荒廃する ※ 聖霊に満たされなければならない理由がここにある     真理の愛を受けないで世俗的な考えを受け入れるのであれば、     […]

2020. 09. 27 機会を生かして用いなさい (エペソ人への手紙5:15~21)

    機会を生かして用いなさい (エペソ人への手紙5:15~21) 神は 永遠に生きておられる その方が この世に御子を遣わされたのは(ヨハネ3:16) この世に永遠のいのちを得させるためであった(ヨハネ6:40) その方は人間と万物に寿命を与えられた(へブル9:27) 寿命は去っていく機会のようにすぐに尽きる(伝1:3~11) 機会は待ってくれない 肉体は自分の霊魂のために使うロウソクのようなものである ロウソクが溶けてしまえば、火は自然に消えてしまう 主イエスが私たちの霊魂のために血を流された(Ⅰコリント11:23~29) 永遠のいのちに対する望みをもつのであれば、 血を流すまで罪と戦いながら、機会を生かして用い、(へブル12:4) 神に従って服従し、その方を喜ばせなければならない 永遠のいのちは恵みによって受けるが、報いは肉体の労苦の代価である(へブル11:6) すべての人がそれぞれタラントを受けたように、(マタイ25:14~30) 自分の働きをして最後に殉教しなければならない(黙20:4~6) この世に属してはいけないし、愚かな者となってはいけない(ヨハネ8:44~45) 主の御心が何であるのかを悟らなければならない(ローマ12:2) 神に属する者とならなければならないし、聖さを失ってはいけない(Ⅰペテロ1:15~16) 聖霊の導きを受けなければならない(ヨハネ3:8) 〇 神の命令が教会に与えられた      教会で互いに従って服従するのが聖さである      兄弟姉妹は主の戒めのようなものである 〇 この世のことに執着して恵みの生活をすることができなければ、      思いがけない日に機会は失われる      謙遜に、敬虔に永遠のいのちを待とう 〇 主の御言葉を聞くのが信仰である      宗教人は生まれ変わることができないで、ただ徳を積むが、      永遠のいのちの日に慰めを受けることができない ※ 風のようにすぐに去っていく機会を恨まないで、     聖霊によって生き、霊的にならなければならない   […]

2020. 09. 20 人をとる漁師となろう (マタイの福音書4:17~22)

  人をとる漁師となろう (マタイの福音書4:17~22) 神は 永遠のいのちでおられる その方が イエスをこの世に遣わして、 御心をなそうとされた(ヨハネ6:38~40) 神の御心は信じる者をすべて救うことである イエスの救いは霊魂の罪を代わりに贖い、 霊魂に永遠のいのちを得させるものである 旧約時代のイスラエルの神である天使は 宇宙の中にあるいのちと祝福、死と 呪いの中からいのちと祝福を得させた(申30:19~20) エホバの名によってイスラエルはこの世に耐えて 祝福を受けたが、永遠のいのちを得た者はひとりもいなかった(ガラテヤ3:1~5) ただ肉体の規定として戒めを受けた(へブル9:8~10) イエスは肉体のために一度だけ使う、 魚をとる働き、婚礼のしるし、5つのパンと2匹の魚の しるしを見せられたが、これは一回的なものであった(マタイ14:17~21) 魚をとる方法、ぶどう酒を作る方法、 5つのパンと2匹の魚のしるしは一度だけ使うためのものであった それによって永遠に生きることはできなかった イエスが来られたのは信じる者を救うためであり、 永遠のいのちを与えるためであった(ヨハネ3:16) その方は人をとる漁師となりなさいといわれた(マタイ4:19~20) 〇 肉体の利益のためには従わせたし、     霊魂の利益のためには信仰をもちなさいといわれた 〇 魚をとる技術ではなく、     人の霊魂をとる力を与えられた 〇 主の召しを見なさい     主とともに霊魂を救う者となって、すべての人の前に出て行かなければならない     私たちはすべて召された者である ※ 主に魚をとる技術を求めないで、    人の霊魂を救う力を求めよう    聖霊の助けなしには不可能なことをする力を求めよう

2020. 09. 13 聖徒の信仰 (コリント人への手紙第二10:3~8)

  聖徒の信仰 (コリント人への手紙第二10:3~8) 神は 全能でおられる その方が なさることをふさぐことができる者はいない(マタイ16:23~24) その方の御言葉を否定することができる者もいない(マタイ17:5) 天地はなくなったとしても、その御言葉は永遠である(マタイ24:35) このいのちの御言葉が私たちの心に与えられた 私たちの信仰はこの御言葉を信じるものである(ヨハネ8:31) そして、 私たちは肉体にあって不義と戦うが、 肉体の感情や理性をもって戦うのではなく、 御言葉を信じる信仰をもって戦う(マタイ4:1~11) その信仰は私たちの前にある要塞を破るほどの力をもつ この世はすべての思弁、理論によって十字架の道を否定するが、 私たちは神の真理によってそれを打ち砕く この世は神を知る知識に逆らって無理やりに罪に定めるが、 私たちはその高ぶりを打ち砕く さまざまなはかりごとや哲学がのさばろうとするが、 御言葉は生きているし、よみがえられた方の力がそれをつかんで、 イエス・キリストに服従させる(ピリピ2:10~11) 聖霊が聖徒に大きな感動を与えて働かれる(Ⅰコリント12:7~10) 〇 私たちの信仰には節度がある      一度、主を認めて主と結びついたのであれば、     霊的な花嫁のように、永遠に変わることはない 〇 御言葉の信仰をもったといいながらも、     「宗教人となった、信者となった」といって二心を抱き、     卑怯になり、堕落する者もいる 〇 御言葉を受けたのであれば、神となったのであり、     神の子となったのである     私たちの霊魂は天に属する ※ 神に属する者はまず自分の肉に勝利し、    この世のすべての偽りを分別し、    復活の望みに満たされる

2020. 09. 06 宝を土の器に入れて (コリント人への手紙第二4:7~15)

  宝を土の器に入れて (コリント人への手紙第二4:7~15) 神は 霊でおられる その方は 霊の本体であり、天という永遠で無限な方でおられる(へブル1:3) 人は 神が土によって造った土の器のようなものである(創5:2) 土はどんなに苦しんで、顔に汗を流したとしても、 最後には土に帰るだけである(創3:19) 肉体は結局、土に帰る しかし、 神は人の心の中に霊、すなわちいのちを与え、(創2:7) その血によって守られたが、これが永遠のいのちである(使20:28) 神は聖霊を遣わして永遠にともにさせ、それによって(ヨハネ14:16~17) 土の器の中に恵みと信仰という宝を入れた 宝を多くもった者はどのような試練も恐れない アブラハムは旅人(イブリ)であったが、 神から与えられた祝福を守った(創12:2~3) イサク、ヤコブ、イスラエルに 大きな祝福を享受させた 人類の救い主が彼から出て来た(創22:17~18) 聖霊が私たちの霊魂を神殿とし、真理とともに臨まれた 聖霊を迎え入れたということを忘れてはいけない(Ⅰコリント3:16~17) 神の血を迎え入れたということを幸せに考えなければならない 〇 私たちは私たちの罪によって死なれた方をその身に帯びて、     その方のいのちをその中で現そうとする 〇 主の恵みと真理が私たちの体の中に満ちあふれるようにしなければならない     聖霊が証しして現れるようにしなければならない     自分の中にある大きな権勢を忘れてはいけない 〇 私たちの肉体は主のために絶えず死に引き渡されるが、     それはイエスのいのちを死ぬべき肉体に現すためである ※ 私たちは心に信仰をもった    これが宝を土の器に入れたということである    主イエスが臨まれるときまで宝を守らなければならない

2020. 08. 30 聖霊によって生まれ変わりなさい (ヨハネの福音書3:1~8)

  聖霊によって生まれ変わりなさい (ヨハネの福音書3:1~8) 神は 生きている主人でおられる その方が 私たちの霊魂に向かって命じられた通りに、 私たちの霊魂は心、思い、品性、命を尽くしながら、 主に従って服従しなければならない(マタイ16:21~24) 肉にあったときの苦痛とは 暗やみをさまようことであった それは盲人が前を見ることができないようなものであった 今はバプテスマを受け、肉によって生まれた古い人を完全に 葬った(ローマ6:1~5) 聖霊によって生まれ変わらなければ、まことの幸せを得ることができない まことの幸せとはただ 聖霊の導きに従ってどこにでも行くことである その道が険しかったとしても、その環境が厳しかったとしても、ひとりではなく、 聖霊とともに歩むことである(ヨハネ3:8) これは神の御心通りに生きることであり、天で生きることである 生まれ変わらなかった者は宗教によって功労を積むが、 結局、土に帰るだけである(創3:19) しかし、聖霊によって生まれ変わった者は霊的であり、 神の国に入って行く(Ⅱペテロ1:3~11) 〇 聖霊によって生まれ変わらなければ、肉体に従って生きる そのような者の体は土に帰るし、 霊魂は裁きを免れることができない 〇 聖霊によって生まれ変われば、肉体は疲れたとしても、 霊魂は霊的であり、望みをもち、 神の国で生きる 〇 バプテスマを受けて古い人を葬ってこそ、生まれ変わることができる 聖霊によって生まれ変わった者からは聖霊の働きが現れる 恵みととともに賜物と力が満ちあふれる ※ バプテスマを受けたのであれば、従って服従し、 聖霊によって生まれ変わり、聖霊に満たされよう 風が吹くように、その方とともに歩まなければならない

2020. 08. 23 イエスを売る者、ユダ (マルコの福音書14:43~50)

  イエスを売る者、ユダ (マルコの福音書14:43~50) 神は まことでおられる その方が 真理を遣わされたが、真理はまことである(ヨハネ17:3) この世には宗教や律法があるが、それらは立派である この世は宗教によって修養を積み、徳を積む これによって信念をもつことができれば、それを成功と考える それゆえ、 国、王、貴族は宗教に心酔する 罪過を脱ぎ捨てて死後に極楽に至ると考える ある人は自分の良心を信じて頼り、苦しむ これは自分の心にある自分の偶像である(エゼキエル14:2~5) この世にはまことも、まことの言葉もない それゆえ、義人も、聖なる者もいない(ローマ3:9~18) このとき、神がまことの言葉である真理を遣わされた(ヨハネ8:45~47) 真理であるイエスはこの世に現れた唯一無二の義人でおられる(ヨハネ16:10) その方は宗教がすることができないことを成就された 良心が与えることができない自由を与えられた(ヨハネ8:32) イエスとともにいながらもその方を知らない者は 二心を抱く者であり、イスカリオテ・ユダのような者である ユダはイエスに口づけをしながら、不義と妥協した(Ⅱコリント6:14~18) 二股膏薬ごうやくという言葉があるが、 このような者は初めから悪魔である(ヨハネ6:70~71) 〇 悪魔がすでにユダの心に     イエスを売ろうとする思いを入れていたために、ユダはサタンであった(ヨハネ13:2) 〇 同僚である弟子たちもまったく知らなかったが、     イエスはイスカリオテ・ユダを知って、彼を悪魔といわれた 〇 宗教人は敵を作らないで、すべてと交わる     しかし、キリスト者には悪魔や不義という敵が存在する     イエスにもサタンという敵が存在する(マタイ16:23) ※ 愛する聖徒よ、ひとつの心をもとう    イエスを愛し、教会を愛し、    自分の霊魂を導く監督をひとつの心で愛する、松竹岩ソンチュグァムとなろう

2020. 08. 16 霊魂が幸いを得ているように (ヨハネの手紙第三1:2~4)

霊魂が幸いを得ているように (ヨハネの手紙第三1:2~4) 神は 賛美を受けるにふさわしい方でおられる その方が 神の幸せを与えるために御言葉を遣わされた(ヨハネ10:35) 天使を通して伝えられた御言葉を 律法、預言という(ガラテヤ3:19) また、イエス・キリストを通して伝えられた御言葉を福音という(マルコ1:1) 天国の知らせである福音はこの地にあるものではなく、 天から来た知らせを伝える(マタイ4:17) また、聖霊によって直接、私たちの霊魂に伝えられる御言葉を(ヨハネ14:26) 真理という(ヨハネ16:13) 福音は聞くものであるし、真理は霊魂の中で働くものである(ヨハネ1:14) 神のしもべである天使の力によって伝えられたものを 律法というが、これはしもべの霊である 神の御子の力によって伝えられたものを 福音というが、これは子としてくださる霊である(ローマ8:1~17) 律法は肉体の規定であるために、従えば、魂が祝福を受ける 真理は霊に命じられたまことの御言葉であるために、信じれば、 霊魂が救いを受ける(へブル10:8~10) それゆえ、律法によって祝福を受けるし、信仰によって救いを得る このように霊魂が幸いを得ている者はすべての点で幸いを得る 〇 イエスをはっきりと信じて真理に従えば、      霊魂が幸いを得、病気の癒しを受け、すべての点で幸いを得る     イエスの中には律法を完成したものがあるが、それは真理である 〇 十戒は律法の基本である     守れば、すべての点で幸いを得て、祝福を受ける     福音を信じれば、恵みと真理に満たされる 〇 私たちの霊魂はただ恵みと真理によって幸せになる     律法は肉体を幸せにすることができるが、     霊魂を救うことも幸せにすることもできない ※ イエスは恵みと真理を私たちの心に与えられた     その方に属した者は恵みと真理に満たされる     霊魂が幸いを得て、永遠のいのちを得る