Entries by Berea Japan

2021. 01. 17. 聖霊が追いやられる (マルコの福音書1:12~13)

聖霊が追いやられる (マルコの福音書1:12~13) 神は 自分の栄光のために 御子をこの世に現された(ヨハネ3:16) これは 御子によって自分の御心、御言葉、愛を現されたのである(Ⅰヨハネ4:8~10) 神の御子の存在と言行が 神の御心を現し、御言葉を語り、(ヨハネ12:48~50) 神の愛を現した(ヨハネ15:9) 神の御子であっても 自分の思い通りに行われることはなかった(マタイ16:23) 聖霊の働きによって神を現された(マタイ3:11) 聖霊は父と子の関係を完全にされる 神も御子との関係を 聖霊によって完全にしようとされる(ヨハネ15:26) イエス・キリストもこの地にいるときに、 聖霊の積極的な監視を受けられた(使10:38) 聖霊の導きを受けられた(マルコ1:12) これが三位一体でおられる方の義である 神の義はどちらかに傾くことがなく、 中心にある 聖霊も父も御子も義とともにされる(ヨハネ16:10) これを義という それゆえ、聖霊に逆らうというのは御子に逆らうということであるし、 御子に逆らうというのは父に逆らうということになる(マタイ12:30~33) ○ イエスは 聖霊の力強い働きによって公生涯を送られた ○ 聖霊なしには神癒もしるしも現されなかった 悪魔に試みを受けたときにも聖霊とともにされた ○ これは私たちの信仰生活の模範である 信仰は神の義と御言葉と聖霊による ※ 私たちはバプテスマを受けることによって 肉体とともに情欲をすべて葬った 聖霊に追いやられることによって従う

2021. 01. 10. イエス、油を注がれる (マルコの福音書1:9~11)

イエス、油を注がれる (マルコの福音書1:9~11) 神は 父でおられる その方が 御子を愛して油を注がれた(ヨハネ1:32~34) キリストとして油を注がれた 神は御子を愛して相続者とされたし、(へブル1:2) 御子から栄光を受けるために油を注がれた その職分が「キリスト」であった(マタイ3:17) キリストは 神から与えられた最高の職分である(ヨハネ10:17~18) 神は御子を自分のように愛されたし、(ヨハネ10:30) 御子は忠実に父に服従された(ピリピ2:5~8) 愛は御子が父から受けた栄光である 喜びは父が御子から受けた栄光である(ヨハネ17:1) これはイエスがバプテスマを受けられ、聖霊が臨まれたときに(マルコ1:10) 語られた御言葉である これによってキリスト教の信者の身分と栄光が確定された イエスの恵みによって罪の赦しを受け、極めて高い方の子となれば、 父の愛を受ける(ローマ8:16~17) また、神から委ねられた職分を忠実に果たせば、(Ⅰコリント4:1) 神を喜ばせる ○ 神は御子の血によって私たちを買い取り、 永遠のいのちの御言葉と恵みによって養育されるが、それが神の愛である また、神の喜びのためにはそれぞれに職分が与えられた ○ 信者であれば誰でも職分をもつ ある人は牧師、ある人は按手執事、ある人は教師、 ある人は伝道者、ある人は奉仕者という職分を委ねられた ○ 自分の職分を忠実に果たし、力や命を尽くして 神を喜ばせるときに、神は栄光を受けられる その霊魂は神の愛を受けるし、その生活は神に喜ばれる ※ 神の愛と喜びは初めから予定されていた その身分は聖なるものであるし、委ねられた働きはそれ自体、忠実である その方の愛を受け、その方に忠実であろう  

2021. 01. 03. 福音の初め (マルコの福音書1:1~8)

福音の初め (マルコの福音書1:1~8) 神は 父でおられる その方は 唯一の方でおられるが、御子を愛して 万有の相続者とされた(へブル1:2) 御子によって御子のために世界を造られた 万有はその方が造られたので、すべてその方のものである(詩100:3) その方なしに造られたものはない 万有がその方に従うのはその方のものであるためである(へブル11:3) 神は被造物によって造物主を知らせようとして、 アブラハムを選んで祝福の根源とされた(創12:2) アブラハムをひとりにして、その名を「へブル」とつけた(創14:13) 彼が受けた祝福を子孫千代にまで許された(詩105:4~11) その子孫は神の約束通りにカナンの地に至った シナイ山からエルサレムに至った(ヨハネ4:21) 神は初めの契約を守られたが、それは律法と預言者であった(民23:19~20) バプテスマのヨハネは最後の預言者であり、(ヨハネ1:6~8) 律法と預言者の終わりであった(マタイ11:13) 最後の預言者をエリヤといった(マラキ4:1~6) そして、初めの契約にはなかった悔い改めが宣べ伝えられた(マタイ3:1~2) 王が代わりにする悔い改めではなく、それぞれがする悔い改めである(使2:38) ○ 初めの契約はアブラハムの子孫、イスラエルの信仰である 新しい契約は全世界とそれぞれの人に与えられた 新しい契約を恵みの福音という ○ イエス・キリストの生涯が福音の初めである 福音は律法や預言者を消し去り、(マタイ17:4~5) イエス・キリストがなされた功労だけを伝える ○ イエス・キリストの御言葉、力、愛を 神が直接、証言されたし、(ヨハネ5:32~37) 聖霊が私たちの心に入って来て証しされる(ヨハネ15:26) ※ 福音をはっきりと知ってこそ、真理を知る 真理を知ってこそ、まことの自由を得る これはよみという宇宙の属性から完全に解放されるということである

2020. 12. 27 . 任されたことに忠実でありなさい (ルカの福音書16:9~13)

任されたことに忠実でありなさい (ルカの福音書16:9~13) 神は 永遠な主人でおられる その方が 天には天使を、この地には人類を創造し、 それぞれに位階と職分を与えられた(へブル1:5~14) それぞれが自分に任されたことに忠実でなければならないという義務をもつ(Ⅰコリント4:1) 自分は何も任されていないと主張することはできない 極めて小さな生物にも自分がすべきことがある それぞれが自分がすべきことをすることによって調和をなす しかし、 天にいる天使が自分の職分を守らないで罪を犯した 神は裁くためにその天使をよみに閉じ込められた(Ⅱペテロ2:4) 人間もそれぞれ自分の職分を受けたが、(マルコ12:30~34) 疎かにすることによって罪を犯す(へブル2:2~3) 聖なる信者はなおさら職分を守らなければならない(Ⅱペテロ1:5~9) 自分の職分がこの世の目で見るときには小さかったとしても、 神の目で見るときには大きい 小さなことに忠実な者が大きなことを任される 不正の富にも忠実であるのならば、 神のものにはどのようにしなければならないであろうか(ルカ16:10) 神は聖徒の霊魂を調べられる 〇 不正の富によって友を作りなさい 義の富によって聖徒の義務を果たしなさい 神に仕える者とならなければならない 〇 極めて少ない収入にも十分の一は存在する 十分の一は神のものである それを疎かにするのであれば、神はその人を取り除かれる 〇 感謝すべきことが少なかったとしても、恩知らずの者となってはいけない 神の血と霊がともにされる 神に仕える忠実な者は小さなことをするにしてもすぐれていなければならない ※ 教会の職分は小さく見えたとしても、 天では大きなものである 忠実な者となって神を喜ばせなければならない

2020. 12. 20. 狭い門から入りなさい (マタイの福音書7:13~14)

狭い門から入りなさい (マタイの福音書7:13~14) 神は 霊でおられる その方が 人類をこの地に満たし、(創1:28) その中から呼び出し、出て来る者に救いを得させる(創6:7~9) 人間の考えによっては天に入って行く者がいない(ローマ8:6~8) 神が定められた御心に従ってこそ、入って行くことができる(マタイ19:24~26) 神の御心はとても狭い門である らくだに針の穴を通させる真理が 神の御心であり、狭い門である この世には文化も多いし、知識も多いし、知恵も多い しかし、それらはすべて火に投げ込まれるし(マタイ13:49~50)、いのちに入って行くものはひとつもない 神は御子によってそれを明らかにされた(ヨハネ6:39) 神の御子もその道によらなければ、入って行くことができなかった(へブル5:7~9) 十字架で殺され、葬られたのちに 神に入って行かれたが、これが狭い門である 誰でも イエスと結びついて自分のものをすべて葬ってこそ、(ローマ6:3~4) その霊魂が恵みと真理によって入って行くことができる 霊魂は針の穴を通ることができる 霊魂が入って行く門が狭い門である 〇 霊魂を狭い門に導くために 御言葉がこの地に来て導く 〇 この世で得たものはひとつも門を通ることができない イエスの十字架の功労によってだけ入って行くことができる イエスの血を受けてこそ、入って行くことができる 〇 主イエスは罪人を招くために来られた 罪人のために死のうとして来られたし、 罪人を義とするために代わりに血を流された ※ 狭い門は私たちを救う真理である 真理は信仰であるし、信仰は狭い門である 自分の義を超越して恵みを受けてこそ、入って行くことができる

2020. 12. 13. 主イエスを愛しなさい (ヨハネの黙示録2:1~7)

主イエスを愛しなさい (ヨハネの黙示録2:1~7) 神は 義を現された その方が 愛する者と喜ぶ者を選ばれた(マタイ3:17、17:5) 私たちの信仰は永遠のいのちを得るためのものである 永遠のいのちとは唯一の まことの神とその方が遣わされた イエス・キリストを知ることである これは 神が愛されるものと喜ばれるものを知るということである(ヨハネ17:3) 私たちの信仰は 神が愛される者となることであり、(ヨハネ3:16) 神が喜ばれる者となることである(ヨハネ17:13) 神が愛される者となるためには恵みを受けなければならない(ヨハネ14:15) 神が喜ばれる者となるためには従わなければならない(使5:32) エペソ教会は堕落した教会の見本であった 人間の道理を遂行する教会であり、(黙2:2~3) 宗教的な儀式に彩られた教会であり、(マタイ23:27) この世に称賛される道徳的な教会であった しかし、 神の義がなかったために、叱られた(マタイ5:20) 神の義を得るためには恵みを受けなければならない そして、神に従わなければならない(創15:6) 〇 初めの愛を回復しなさい 神の恵みを受けたときの初めの愛を回復しなさい 〇 神が喜ばれる者となりなさい 神の御心に従わなければならないし、偽ってはいけない 〇 どんなに多くの労苦を払ったとしても、 神を喜ばせることはできない 神の戒めに従わなければならない ※ 罪から救いを受けるときに、 神が愛されるし、喜ばれる イエスの功労を忘れてはいけないし、これが初めの愛である

2020. 12. 06 聖霊に満たされなさい (ヨハネの福音書7:37~39)

聖霊に満たされなさい (ヨハネの福音書7:37~39) 神は アバ、父でおられる その方が ひとり子によってこの世を救おうとされた(ヨハネ6:37~40) そして、救いを受けた霊魂に 約束された聖霊を限りなく注がれた(使1:4~5) それは生ける水の川が流れるようなものであった(エゼキエル47:1~5) この世でどんなに義とされたとしても、 神の義がなければ、裁きを受ける(マタイ5:20) 肉体の規定に従って責められるところがないように生きたとしても、 神の義がなければ、裁きを受ける(エペソ2:8~9) それゆえ、 イエス・キリストの十字架の功労を恵みとして受けてこそ、 救いを受けるし、信じる者に与えられる聖霊を(Ⅰコリント1:18) 受けてこそ、まことの信者となる(Ⅱコリント1:21~22) 聖霊がおられなければ、自分の義だけがある 自分の義によっては永遠のいのちを得ることができない(ローマ8:11) 自分の義によっては肉体が存在する間しか 約束を受けることができない(マタイ11:13~15) 肉体を脱ぎ捨てたのちに、その霊魂はどうなるであろうか 聖霊を受けなければならない(使1:8) 〇 律法の戒めから解放されるためには 聖霊の原理、法によって自由を得なければならない 聖霊の法は永遠のいのちの法である 〇 聖霊を受けたのであれば、絶対的に服従しなければならない 聖霊に逆らえば、必ず滅びる 聖霊は主の尊い血を証しされる 〇 聖霊によってだけ真理を知る 聖霊を受けることによってだけその賜物を受ける 信じる者はその賜物を受けなければならない ※ 神はイエスを愛するために、 聖霊を限りなく注がれたし、 教会がイエスの体であるために、私たちにもそのようにされる

2020. 11. 29 神の御言葉 (ヨハネの福音書1:1~5)

神の御言葉 (ヨハネの福音書1:1~5) 神は 天におられる父である その方は 霊でおられるが、霊は神の本体であり、天である(へブル1:3) 天はまことであり、真理である(ヨハネ17:3) 真理は御言葉であるし、その御言葉をロゴス(λόγος)という(ヨハネ1:1) 御言葉、ロゴスは実在であり、 永遠のいのちでおられるイエスをいう その方は神とともにおられたいのちであるし、造物主でおられる(ヨハネ1:2) その方がこの世に光として来られた(ヨハネ8:12) その光は霊魂と骨髄まで刺し通す(へブル4:12) その光があるところが天である(エペソ5:8) 私たちはその光を見たために、天にとどまる イエスという名は天の名であり、 よみ(宇宙)からの自由という意味をもつ(マタイ1:21) イエスという名は(ピリピ2:10) 光の名、いのちの名、御言葉の名、真理の名、 天の名、その霊の名、 神の本体の名である 聖霊は真理を証しする霊でおられる(ヨハネ16:13) 助け主であり、私たちの霊魂の先生でおられる(ヨハネ14:26) 〇 心にその名をもったのであれば、 神の子となる権勢を得たのである(ヨハネ1:12) キリストとともに栄光を受ける相続者となったのである(ローマ8:16~17) 〇 御言葉(ロゴス)は天に属する 言葉はよみという宇宙に属する 御言葉(ロゴス)にはいのちがあるが、言葉にはいのちがない 〇 イエスの名は天にある全知全能の名であり、 神の御心をなした完全無欠の名である その名があがめられなければならない ※ 天でなされた 神の御心をこの地でもなそうとして、(マタイ6:10) 主イエスがこの世に来られた(ヨハネ6:37~40)

2020. 11. 22 十字架の効力 (ヨハネの福音書3:11~15)

十字架の効力 (ヨハネの福音書3:11~15) 神は 御子から栄光を受けられる その方は ふところにおられた御言葉をこの世に遣わされた(ヨハネ1:14) 御言葉が肉体となって、インマヌエルとして来られた(マタイ1:23) イエスだけが父を見たし、父を知っておられる 御子は父の本体の栄光でおられる(Ⅱコリント4:4) 神の本体は霊であるし、霊は天である(ヨハネ8:23) その方がこの地に来られたのは父の御心を行うため、 十字架で血を流すためであった(ヨハネ8:23) 私たちはこれによって天の血を見たが、その血はいのちである 神の血はいのちであり、霊である(ヨハネ6:63) 人と獣の血は水である 水のようなものによっては罪を贖うことができない 神の血、いのちによってこそ罪を贖うことができる 蛇は呪いを受けた者であり、この世が忌避する者である(創3:14) その呪いを受けた者が木につけられて再び呪いを受けた(ガラテヤ3:13) イエスが死なれた十字架は呪いの中の呪いであった(マタイ16:24~25) その方が十字架につけられたことによって 私たちは救いを受けるし、永遠のいのちを得る(ヨハネ3:15) 十字架は恥ずかしいものであるが、救いを受ける私たちにとっては 神の力となる(Ⅰコリント1:18) 〇 神の栄光の御子が恥ずかしい道を選ばれた その道は天国に行く道であり、門である 〇 十字架の道を恥ずかしく考えないのは救いを受けたためである これが福音であるが、福音を恥ずかしく考えないのが いのちであり、永遠のいのちである 〇 神の意図を知るのは恥ずかしいことではない 神を知って真理を知るのが永遠のいのちである 主が私たちをそこに追いやられた ※ 私たちは主とともに恥ずかしい船に乗っている この世が嫌う十字架の道が救いの力である 主イエスとともにする者はともに十字架につけられた

2020. 11. 15 神のように聖くなりなさい (ペテロの手紙第一1:13~25)

  神のように聖くなりなさい (ペテロの手紙第一1:13~25) 神は 霊でおられる その方は 生きている実存であり、知識、知恵、意志を もっており、創造と裁きを御心通りになさる(ヨハネ1:1~4) その方の御言葉は 真理であり、神を知らせる霊である(ヨハネ6:63) 神と御言葉はひとつである(ヨハネ10:30) 人間は土で造られた物質である(創5:2) 神と物質の調和は不可能である(マタイ3:2) しかし、 神は自分を低めてこの世に来られた(ヨハネ1:14) その方は「肉と情欲を脱ぎ捨てて、(ガラテヤ5:24) 霊によって神に近づきなさい」ということを、 「神のように聖くなりなさい」といわれた(Ⅰペテロ1:15~16) 宇宙の中で肉体が神とひとつになるというのであれば、 区別がなくなるし、霊を否定するようになる(ヨハネ8:23) 神は霊によって働き、語られる(ヨハネ4:24) 私たちも霊によって生まれ変わり、霊に属さなければならない(ヨハネ3:3~8) これが聖くなるということである 聖霊は聖なる霊であり、私たちの霊を助ける 〇 肉体によってその方に近づけば、その方を見ることができない 聖くなければ、主を見ることができない 肉によって生まれたのは肉であるし、霊によって生まれたのは霊である 〇 私たちが悔い改めてバプテスマを受けたのは まことの生まれ変わりである 肉の情欲を脱ぎ捨てて、霊によって再び生まれる 〇 肉によって探すのは宗教に過ぎない 霊によって神を探す 神のように聖くなる者だけが神を見る ※ 神の御言葉は霊であるために、聖くならなければならない 聖霊が聖いように、真理によって聖くならなければならない イエスの人は聖くならなければならない