【書籍紹介】 『惑わしの霊とは』 金箕東 著

【書籍紹介】 『惑わしの霊とは』 金箕東 著

 

    惑わしの霊とは救いを得た者を助けるために遣わされたのちに変質してしまった天使である。惑わしの霊に関する知識を十分にもつことができるのであれば、牧会者だけではなく、平信徒も自分の問題や家庭の問題を解決することができる。多くの人が惑わしの霊について知らないために、大きな打撃を受けている。どのような病気や習慣も惑わしの霊を分別することができるのであれば、やさしく治療することができる。
 惑わしの霊についてよく知らなければならない。本書は惑わしの霊の正体と働きを明らかにし、福音の力を知らせる。

【出版情報】
著者: 金箕東
翻訳: 新田高広
出版日: 2011年6月
出版社: 図書出版ベレヤ

【配本を希望される方へ】
本の配布を希望される方は送付先および部数を下記の連絡先までご連絡ください。なお、書籍費および送料は無料です。

聖楽教会 聖楽宣教センター 日本語翻訳室
メールアドレス: sungrakbereajapan@gmail.com

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published.